ホーム > 審美的な詰め物

審美的な詰め物

ラミネートべニア

前歯の表面だけを薄く削り、セラミックを張り付けることにより、色調を審美的に回復します。

先天性の理由などにより、クリーニングやホワイトニングでは色調を回復できない場合や、歯の表面のみの広範囲な虫歯の場合、また歯の間の隙間が気になる場合などの小矯正などが適応です。
イメージ的に近いのは女性のつけ爪(ネイル)でしょうか。

被せ物と違って削る量が少ないので、歯に優しい審美治療といわれています。

東京池袋審美歯科ホワイトニングセンターの料金・価格はこちら

保険の白い詰め物(CR)

CRとは樹脂(プラスチック)でできた詰め物であり、虫歯を削った後、その部分に詰めて審美的に修復します。

金属よりも目立ちにくいですが、プラスチックゆえ強度的には金属より劣ってしまうので、噛む力のかかる奥歯では、あまり適さない場合があります。

東京池袋審美歯科ホワイトニングセンターの料金・価格はこちら

保険外の白い詰め物(ダイレクトボンディング)

虫歯を削り、その場で詰めるという点では保険の白い詰め物(樹脂)と同様ですが、材質の強度や耐久性の高いハイブリッドセラミックス(高級樹脂)を用いています。