ホーム > 審美的な被せ物

審美的な被せ物

メタルボンド冠

歯を削って内面が金属、表面がセラミックでできた冠(メタルボンド冠)を被せて審美的に歯の色調・形態を回復します。

セラミック部分は汚れがつきにくく、変色する心配もありません。
オールセラミックス冠にくらべコスト的には優位ですが、内面に使用する金属により、オールセラミックス冠ほどの自然な色調は出し辛い部分があります。
主に奥の方の歯で審美性を求める場合に用います。

東京池袋審美歯科ホワイトニングセンターの料金・価格はこちら

保険の白いかぶせ物(前装冠)

内面および裏側が金属で表面にプラスチックを用いたかぶせ物です。
保険適用内治療なので非常に安価ですが、プラスチック部分は経時的に変色して黄ばんでしまいます。

また、プラスチック部分は他の素材とくらべ汚れが付きやすいので、日常の管理がより一層重要になってきます。

東京池袋審美歯科ホワイトニングセンターの料金・価格はこちら

かぶせ物による審美治療

右の図で、同じ歯の色なのに、なぜ審美性が違うのか。

それは「マージンライン」といって、かぶせ物とご自身の歯の境目が露出してしまっているからです。
この原因は主に歯周病によるものです。

かぶせ物を装着した時点では目立っていない境目が、歯茎が下がることにより露出してしまいます。
では、露出しないようにするにはどうすれば良いか。
2つあります。

 ①ご自宅でのセルフケアに加え、定期的なクリーニングによる歯周病予防
 ②かぶせものに過大な力がかからない様に定期的にチェック


歯周病の主な要因が「歯周病菌によるもの」と「過大な力によるもの」である以上、そのコントロールは欠かせません。
上記2点は定期検診の際に行います。

また、かぶせ物の「境目」の話ですが、

右の歯のほうが左にくらべ「境目」が黒いというか、目立ちますよね。

これは・・・

内面に金属を用いているので、どうしても色が出てしまいます。
金属を用いるメリットもありますが、「前歯の審美治療」に関しては、金属を用いない(メタルフリー)なかぶせ物が最もおすすめです。

ちなみに、歯の欠損部分が大きく、さし歯による「土台」が必要な場合でも・・・

このように審美的な材料を用いることにより、さらに目立たなくなります。

かぶせた歯が折れたり、かぶせた歯がこわれたりする寿命とは別に「審美的な寿命」が早く来ない様にするには、審美性の高い材料を用いて、大切に使うことに他ならないのです。

東京池袋審美歯科ホワイトニングセンターの料金・価格はこちら

オンライン予約
院長相談


大きな地図で見る


■住所

〒171-0021

東京都豊島区西池袋2-41-8

IOB1F

池袋駅西口(メトロポリタン口)

徒歩1分 ローソンとなり



■診療時間

月 - 日 8:00-13:00 / 14:30-18:30


■休診日

祝日 ※日曜はお問合せ下さい

お問い合わせ 詳しくはこちら